喜ばれる働きをコツコツと

喜ばれる働きをコツコツと

いつも、ありがとうございます。日々清掃業務、現場最先端てこパカです‼

先日、母とのメッセージのやり取りで、亡き祖父(母にとっては父ですね)の喜ばれた話をしました。

祖父は、思春期から第2次世界大戦の終戦まで台湾にて暮らしていました。兄弟が多く、所謂、口減らしですね。台湾で日本人が経営していた呉服店へ丁稚奉公に行かされたと聞いています。

呉服店といえば、岸田首相の曾祖父、祖父らご親族は台湾や満州で呉服店を構えておられたそうですね。祖父が働いていた店の名前は知りませんが、どこかでご縁あったかも、と思いました( ´艸`)

祖父は現地で招集され、戦争にも参戦、壮絶な日々だった事を、後に多くの有志の皆さんと「大東亜戦争を顧みて」という本を自主出版し書いています。

そんな祖父は、私にとっては、ユーモアあふれる力自慢、呉服の仕事を辞めた後は、測量の仕事や、父と家業、田畑仕事、墓石作り、地蔵堂製作など、幅広くとても器用で、地域の方とゲートボールを楽しむ、いつもにこやかな人柄でした。

そして思いつくと、やってみる派、周りに多少反対されようと、自由な発想で人を募ったり、また応援やお手伝いしたり、欲無しの器用貧乏な方でした。

若い頃、色々失敗ばかりの私に、励ましの手紙を送り続けてくれた祖父。書かれていて印象深く残っているのは、

「働くとは、人のために動く事で喜ばれるもん、はたにおるもんをらくにしてあげよう、その気持ちを大事にしながらやるこっちゃ。」

(働くとは、人の幸せを願い動くと喜ばれてこそ良い働きと言える、側に居る人を楽にしてあげよう、その気持ちを持ち続けて動く事)

え~、そんなん大変やん、と20歳ころの私は思っていましたが、今も、本当に人から人のご縁繋がりに感謝し、心から心への働きで喜ばれますようにと、ただただコツコツぴかぴかの毎日です。

そんな祖父の喜ばれた話は、地元のお寺のご住職が法事の際に、

「本当に有難かったです。目の覚めるような美しい仕上がりでした」

とおっしゃっていただいた、壁画の復元です。

有志の方と何日もかけて、コツコツと描いていったそうです。

母は、何度も訪れているので、「いつもお父ちゃんが居るみたい、」と言っていました。

また、曾祖父は大工だったので、そのお寺の改築に携わっており、天井の格子は曾祖父が作っています。

母からすれば、上からおじいちゃんが見下ろし、目の前はお父さん、ですね。

どんな働きも、お相手の喜ばれる様子が見えますと、身軽に喜んで進められます。

家事も清掃の仕事も子育ても、関わる一つ一つ、誰かの嬉しい、楽しい、幸せ繋がりになっている❣❣

昨日も今日も、そして明日も、朗らか咲顔で溢れる事、間違いなしです。

最後まで有難う、で溢れている生き方だった祖父、今も微笑んでいるかのように感じます。

 

お立ち寄り頂き、ありがとうございました。

てこパカ

 

 


一覧ページに戻る